産後骨盤矯正

こんなお悩み有りませんか?

  • 明るい挨拶

    出産で広がった骨盤を矯正したい
    産後、便秘や冷え性になった
    腰痛や股関節痛に悩まされている
    体のラインが気になる
    そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

    新御徒町接骨院では、手を使った手技での治療を重視しており、手をかけることが本当の治療だと考えています。また、整復術の前後に行うことで関節周囲の筋肉の緊張を緩められ、より効果が得られます。

骨盤矯正とは?
日常の姿勢や運動不足、ストレス、内蔵疲労などからくる骨盤の歪みを本来あるべき位置に戻す矯正です。

産後骨盤矯正とは?
妊娠や出産にともなう骨盤の開きを正す矯正です。 妊娠5~6ヶ月ぐらいになると、子宮が骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。
次に出産時の陣痛が始まると、骨盤下部が大きく広がり赤ちゃんが産道を通りやすくします。
帝王切開ならば、骨盤上部が広がり自然分娩なら骨盤上部、下部の両方が広がります。

生理痛や不妊症、冷え性の原因
骨盤のゆがみ、体の土台が傾いたらどうなると思いますか? 傾きを補正するために筋肉の張りや緊張が起こり、痛みや違和感を引きおこします。 また体全体のバランスが悪くなるため、肩こりや腰痛、膝痛などの原因となります。 女性の場合は骨盤の中に子宮や卵巣があるため、骨盤がゆがむと、そこを通っている神経や血管が圧迫をうけ、栄養や脳からの指令が行き届かなくなり、生理痛や不妊症、冷え症の原因となります。

ダイエットの効果
骨盤が歪むと、ホルモンバランスが崩れたり、代謝が低下する以外に、開いた骨盤の中に内蔵が下がってくるのでお腹が出たり、骨盤に引っ張られて背骨が歪み姿勢も悪くなります。
出産を通して体を整え、きちんと骨盤が揃えば女性は健康に美しくなることが可能です。
骨盤の歪みが整うと体が悪い方ではなく良い方に変わってくるのです。

授乳もスムーズになります
骨盤が整うことで、授乳もスムーズになり質もよくなります。
そうすれば赤ちゃんもお乳をちゃんと吸います。そうすると、さらに骨盤はスムーズに収縮します。
骨盤が整うことで、中心に力が集まって、より母親としての自覚が芽生えるのです。
その結果、子育てにも自信が持てます。

産後の骨盤矯正では骨盤の左右のずれ、傾きを確認したうえで施術を行います。
骨盤の状態は患者様によって異なるため、歪みのタイプに合わせ、施術を行います。
よくある骨盤矯正で、ボキボキと骨を鳴らされる場合がありますが、この場合、本来の骨盤の歪みが取れておらず、筋肉によってすぐに戻ってしまいます。
新御徒町接骨院の産後骨盤矯正は、骨を鳴らすのではなく「仙腸関節」と呼ばれる「本来の骨盤」からアプローチするため、本来の骨盤の位置を正しい状態に癖づけることができます。
骨盤矯正後は、筋肉や関節の調整を行い、正しい骨盤の状態を安定させます。

体全体のバランスをみて患者様に合った治療を行います。
問診を行い、体全体のバランスをみて柔整マッサージ、ストレッチを行い骨盤矯正を行います。
そのあと正しい位置に戻った骨盤が安定するように調整します。
お一人お一人の症状に合わせて骨盤体操など適切なアドバイスをさせて頂きます。

産後2ヶ月位から骨盤の安定する6ヶ月位までの4ヶ月間が最も効果的
治療期間の目安は一般的に産後2ヶ月位~骨盤の安定する6ヶ月位までの4ヶ月間が1番、効果的で、その4ヶ月間に正しい骨盤矯正を定期的に行うことで開いた骨盤を正し安定すると考えています。 施術回数は患者様によって異なります。


診療時間 予約する